蓄膿症の予防法~食事療法~

野菜を中心とした食生活を心掛ければ、健康な身体を維持することができます。

もちろん、蓄膿症も例外ではありません。

蓄膿症を予防する場合、副鼻腔内の粘膜をより高くする必要があります。

そしてその粘膜を高めるためにも、食事療法がバランスの決め手になります。

・お米/麺類などの穀倉類 ・様々な野菜類(=葉菜/根菜)…そして、豆類や海藻類などに適度な天然素材(=塩や醤油/味噌など)を加えることによって、体内の保水力(=粘液力)が高まっていきます

そして絶対に避けるべき食事として、糖分摂取量の過多があります。

糖分摂取量が増える→ヒスタミン成分の増加(=蓄膿症の根本的原因)→血液中の粘度が高くなる(=ドロドロした血液)→粘膜自体の抵抗力が落ちる…結果として鼻汁が出始め、鼻づまりを引き起こします

また、動物性タンパク質の摂取し過ぎも蓄膿症を発症する原因になります。

○動物性タンパク質を摂取し過ぎると消化が鈍る→消化しきれないタンパク質が、アレルギー性副鼻腔になってしまいます。

蓄膿症の予防法としての食事療法糖分/動物性たんぱく質の過剰摂取は、蓄膿症を発症することを覚えておいてください。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

テキスト

テキスト情報

アーカイブ

このページの先頭へ