蓄膿症は遺伝するの?

親から子へ伝わるものとして、遺伝があります。

もちろん良い遺伝なら歓迎でしょうが、悪い遺伝はなるべくしてほしくないと思います。

そこで気になるのが、蓄膿症の遺伝です。

親が蓄膿症だったら、子どもにも遺伝するのでしょうか。

結論からいえば、蓄膿症が遺伝することはありません

しかし…断言するには、少々誤解を招く恐れがあるかもしれません。

何故なら親から子どもへ遺伝するものとして、アレルギー体質があるからです。

(アレルギー体質が遺伝することによって、アレルギー性皮膚炎などの様々な症状を発症する場合があります。)

私は「蓄膿症の種類~慢性副鼻腔炎~」で、次の内容を明記しました。

蓄膿症の種類の1つに、「アレルギー性鼻炎を伴う慢性副鼻腔炎(=アレルギー性副鼻腔炎)」があることを…

つまりアレルギー体質が遺伝すれば、アレルギー性鼻炎を発症する可能性が高くなる…事実、蓄膿症の原因としてアレルギー体質が取り上げられているのです。

そう考えれば蓄膿症自体が遺伝するのではなく、蓄膿症の原因と考えられているアレルギー体質(=アレルギー性鼻炎)が遺伝すると考えるべきなのかもしれません。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

テキスト

テキスト情報

アーカイブ

このページの先頭へ